• ホーム
  • All-on-4(オールオンフォー)

All-on-4(オールオンフォー)

たった一日で取り外しの要らない歯に

All-on-4は、総入れ歯をお使いの方や多くの歯をなくした方のための最先端のインプラント治療法です。従来、すべての歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨の移植をしたり、8~14本のインプラントを埋め込むのが一般的でした。そのため手術時間が長くなり、術後の腫れも大きく、費用がかさむという不安要素がありました。All-on-4は、奥のインプラントを骨のある部分へ斜めに埋め込み、力を広く均等に配分することにより、最少4本のインプラントですべての人工の歯を支えます。骨の移植などの必要もなく、抜歯からインプラントの埋め込み、仮歯の装着まで、1日で行うことが可能です。

日曜日に無料相談しております。現在、治療中の方でも大丈夫です。

All-on-4(オールオンフォー)症例

All-on-4(オールオンフォー)症例All-on-4(オールオンフォー)症例
All-on-4(オールオンフォー)症例All-on-4(オールオンフォー)症例All-on-4(オールオンフォー)症例

All-on-4(オールオンフォー)症例2

All-on-4(オールオンフォー)症例
All-on-4(オールオンフォー)症例All-on-4(オールオンフォー)症例
All-on-4(オールオンフォー)症例
All-on-4(オールオンフォー)症例All-on-4(オールオンフォー)症例
All-on-4(オールオンフォー)症例

All-on-4の流れ

All-on-4の流れ

ノーベルガイド(インプラントガイドシステム)

ノーベルガイド(インプラントガイドシステム)を用いたオールオン4では、CTの正確な3Dデータを元に、サージカルテンプレートを作製しインプラント埋入のシュミレーションを 行える為、より安全に低侵襲なフラップレス術式(切らない手術)が可能な為、 患者さんへの負担を最小限まで軽減できます。

1. 予知性・安全性の向上

治療プランニング (コンピューターベース) CTデーターと3D画像による埋入シミュレーションにより安全性・予知性が向上しました。最終的な補綴物の3次元的形態と骨の画像を同時に見ながらインプ ラントの埋入位置を決定できるため、審美性・機能性が更に向上された治療が可能となります。


2. オペ時間・治癒期間の短縮

サージカルテンプレートを用い、浸襲性を最小減に抑えたフラップレスでの術式になります。サージカルテンプレートを用いることでドリルステップが簡便になり、オペ時間の短縮が可能であります。また歯肉の切開が不要になる為、患者さんの通院回数を少なくすることができます。


3. 即時負荷

サージカルテンプレートを用いることでオペの事前に精度の高いプロビジョナル(仮歯)またはファイナルの補綴物の製作が可能になります。事前に上部構造体を製作することで患者はその日のうちに新しい歯を手に入れることが可能になり元の生活に戻ることが可能です。


▲ページの先頭へ戻る