インプラント治療

失ってしまった歯を美しくよみがえらせるインプラント治療

インプラントとは、歯をむし歯や歯周病、外傷などで失った場合に、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを言います。従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削って、ない部分の義歯を支えたり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、ブリッジについては失った歯を支える為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。

当院では、患者さんにより良い治療をご提供するため、ストローマンインプラントノーベルバイオケアインプラントを採用しています。

インプラント治療のメリット

インプラントの場合
インプラント
  • 安定した噛み合わせを比較的長く保つことができる
  • 咀嚼能力が高いので、気にせず硬いものなどの食事ができる
  • 審美性が高いので、自分の歯に近い見た目に仕上げることが可能
  • 自然の歯に近い見た目や機能が期待でき、装着後の違和感や外れる心配がない
  • 定期的にメインテナンスを行うことで、長持ちさせることができる
従来の治療(ブリッジ)の場合
ブリッジ
  • 土台となる両隣の健康な歯を削る必要がある
  • 土台となる両隣の歯に噛む力が余計にかかるため、負担となってしまうので、その歯を喪失する可能性が高い
  • インプラントに比べて長持ちしない
  • 土台となる両隣の歯に問題が発生すると、再治療が必要な場合がある

インプラント治療を行うと・・・

歯を1本失った場合
失った部分にインプラントを1本埋入。従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つける事なく治療を行う事が出来ます。
歯を何本か失った場合
従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんありません。
歯を全て失った場合
従来の総入れ歯ではなくインプラントを用いて治療します。この方法なら食物が入れ歯と口腔粘膜の間に挟まったり、入れ歯が合わなくなるようなことはありません。

Guided Surgery – Workflow

ストローマンガイド・システムはコンピューターによるガイデッドサージェリーを実行します。

1. 作業模型の製作

作業模型の製作

口腔内の印象を取り、模型の制作をおこないます。


2. スキャンテンプレートの製作

スキャンテンプレートの製作

スキャンテンプレートには、完成時の補綴物の形態が再現されたX線不透過性の材料を用います。
インプラント埋入のプランニングがサージカルガイドに確実に反映されるよう、3本のtempliX リファレンスピンがtempliX プレートに固定いたします。


3. CTスキャン

CTスキャン

gonyXTMで製作したスキャンテンプレートを装着し、患者様をCTスキャンします。※CTは当院で撮影しております。


4. 診断と3Dインプラントプランニング

診断と3Dインプラントプランニング

3Dデータセット(DICOM)はプランニングソフトウェアのcoDiagnostiX™に直接インポートすることができます。
患者様の解剖学的構造と補綴物の形態を考慮してインプラントの位置を決定します。
インプラント埋入のプランニングが完了すると、ソフトウェアがgonyXTMでサージカルガイド製作の計画およびガイデッドサージェリー キットに対する治療計画を提示します。


5. サージカルガイドの製作

サージカルガイドの製作

coDiagnostiX™ ソフトウェアが各インプラントについて提示するテンプレートプランに従い、gonyX™を用いてサージカルガイドを製作します。


6. ガイデッドサージェリーとインプラント埋入

ガイデッドサージェリーとインプラント埋入

患者様の口腔内にサージカルガイドを固定後、ガイデッドインスツルメントを用いてインプラント床を形成し、続いてインプラントを埋入します。
プランニングソフトウェアが提示するサージカルプロトコールには、各インプラント埋入部位に必要なインスツルメントが表示されます。


インプラント治療、最も重要な事=メインテナンス

天然歯と同じように、インプラントにも良好な口腔衛生が必要になります。不十分な口腔衛生状態が続くと、インプラントの脱落などの原因になります。

当たり前の事ですが、インプラントには神経がありません。ですから感染が起こっても自覚がありません。グラグラ動いてきたり、膿が出はじめて気がつくのですが、こうなってからでは手遅れです。治療後は、歯科医師の指示に従い必ず定期検診を受けて下さい。

良好な口腔衛生を保つ為には、定期的な検診(通常6ヶ月ごと)と、毎日のブラッシングとフロッシングが必要不可欠です。特殊なフロスから歯ブラシ、口腔洗浄剤まで様々な口腔ケア用の製品がありますが、その中で担当の歯科医師はあなたに、口腔衛生を維持する為の最良の方法をお勧めします。良好な口腔衛生は、あなたの天然歯を強く健康にし、長期にわたってインプラントの機能を維持させます。

インプラント治療でも、補綴物(ブリッジや入れ歯)はなくなりはしませんが、大きさが小さくなり、より自然で機能的なブリッジ、または入れ歯にする事ができます。あなたやお友達、まわりの人たちも、固定式のブリッジや入れ歯が機能的で審美的な為に、つけている事を誰も気付かないでしょう。

▲ページの先頭へ戻る