矯正歯科治療

歯並びを整えるだけでなく、健康な体と心をつくる為の治療

矯正歯科治療とは、悪い位置にある歯をあごの骨のなかで少しずつ動かしたり、あごを良い方向に動かしたりして、正しいきれいな歯並びや噛み合わせを作る治療です。しかし、ただ単に「歯並びをきれいにする事」が矯正歯科治療の目的ではありません。歯並びは、噛みあわせ(食物を噛み切、砕き、消化を助ける等)と審美(対人関係、発音、コンプレックス等)に大きく影響します。つまり、歯の正常な咀嚼機能を取り戻し健全な身体と心をつくる為の治療が、矯正歯科治療なのです

歯並びと噛みあわせ

悪い歯並びを総称して不正咬合と言います。不正咬合では、心身に以下のような悪影響をおよぼします。

  • むし歯や歯槽膿漏になりやすい
  • 良く噛めない為に、胃腸障害が起こる
  • あごの成長や顔かたちに影響し、不調和をもたらす
  • 正しい発音がしにくい
  • 口もとが気になる(審美的要素とコンプレックス)

不正咬合対して、良い歯並び・良い噛みあわせを正常咬合と言います。不正咬合を正常咬合に治療してやれば、咀嚼効率が向上し、消化・吸収を促進、心身ともに健康な成長発育をもたらす事でしょう。

矯正装置の種類について

矯正装置には、取り外しのできるタイプと固定式のタイプなど多くの種類がありますが、一般的には固定装置を使います。代表的なものは、金属製のメタルブラケットや目立ちにくいセラミックブラケットがあり、歯の裏側からつけることのできる装置もあります。装置にはそれぞれ特徴があるので、患者さんの年齢、不正咬合の状態・程度、お仕事等を考慮して、使用する装置を選択します。

  • プラスチックブラケット
    プラスチックブラケット (歯によくなじみ、メタルタイプよりも目立ちにくい)
    ワイヤーは金属ですが、ブラケット部が透明で歯になじみ通常のメタルタイプよりも目立ちにくくなっています。ワイヤー部はメタルタイプと同様のため、同じく高い効果が期待できます。

  • セラミックブラケット
    セラミックブラケット (見た目がきれいな女性に人気の矯正装置)
    セラミックで作られている矯正ブラケット装置です。耐久性、審美性に優れており見た目がきれいなので女性に人気の矯正装置です。

  • コンビネーションタイプ
    コンビネーションタイプ (上顎の裏側矯正で目立たなくすることが可能)
    上顎の裏側に矯正装置をつけ、下顎にクリアタイプの装置をつけるタイプです。上の歯のみを裏側矯正に変更するだけでも、かなり目立たなくすることが可能です。

▲ページの先頭へ戻る