親知らずの抜歯

親知らずはむし歯や歯周病になってしまう可能性が高い!

親知らずの生え方によっては歯磨きをきちんとすることができない状態になっている場合が多く、そのような場合には将来的にむし歯や歯周病になってしまう可能性が非常に高くなります。しかも、その場合には大事な手前の正常な歯も巻き込んでしまう可能性があるので、その前に抜歯します。親知らずが骨の中に完全に埋まっている場合でも、腫瘍や嚢胞(のうほう)の原因となってしまったり、親知らずが生えてくることによって歯並びが悪くなってしまうこともあります。


親知らずによる周囲の歯への影響

親知らずが少しでている場合
親知らずが少しでている場合歯みがきが届きにくく親知らずや隣の歯がむし歯になりやすくなります。また、化膿すると痛みや口臭の原因にもなります。
親知らずが歯ぐきの中に埋没している場合
親知らずが歯ぐきの中に埋没している場合歯ぐきの中に埋まっている親知らずは、隣の歯を押して痛みを出したり、炎症を起こしたりする事もあり処置が必要な時もあります。

親知らずの治療方法

  • 親知らずが隣の歯を圧迫

  • 親知らずが隣の歯を圧迫

  • メスで歯ぐきを切開する

  • 歯の頭と根の間を削る

  • 歯の頭だけを抜去

  • 根の部分を抜去

▲ページの先頭へ戻る