セレック (審美歯科)

セレックシステムは、医療先進国ドイツからやってきた、コンピュータ制御によって歯の修復物を設計・製作するCAD/CAMシステムです。コンピュータを使って修復物を作製するので、歯型を取ることがありません。最先端の3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)し、患部の歯列をモニター上に再現。そのあとはコンピュータの3D画面上にて修復物を設計し、ミリングマシンがデータをもとに作製します。歯科技工所に依頼することなく歯科医院で修復物を作製できるので、一般的な修復物よりも経済的。また規格生産された高品質なセラミックブロックを使用するため耐久性が高く、治療時間も約1時間と非常にスピーディーです。

セレック治療の流れ

スキャン(型取り)
3D光学カメラ

「歯を削ったあと、3D光学カメラで口腔内を撮影します」

治療する部分を削ったあとは、3D光学カメラを使用して患部を撮影(スキャン)。型取りの不快感を味わうことはありません。わずか数秒の作業で、患部の歯列がモニター上に再現されます。

※症例により型取りが必要な場合もあります。

修復部設計
修復物設計

「コンピュータの3D画面上で修復物を設計します」

モニター上で歯の形態や噛み合わせの調整を、あらゆる角度から行い、理想的な形にしていきます。設計後は様々な色のセラミックブロックから最適な色のものを選定します。

修復物作製
修復物作製

「ミリングマシンが設計データを基に加工します」

ミリングマシンと呼ばれる機械(CAM)が、コンピュータで設計されたデータをもとにセラミックブロックを削り出し、修復物を精密に整えていきます。

口腔内セット
口腔内セット

「口腔内へセットして治療完了です」

先進的な接着技術を用いて、削り出されたセラミック歯を口腔内へセットします。これで治療完了となります。なお、Step1からStep4までにかかる時間は、たいていの場合は1時間程度です。


治療保証書をお渡ししています

自費補綴証明書

自費補綴物治療を行った患者様には上記の証明書をお渡ししております。
詳しい内容は当院までお問い合わせください。

セレック治療 症例

【 症例 1 】 前歯の審美修復

セレック治療 症例 術前 セレック治療 症例 術後 セレック治療 症例 術前

【 症例 2 】 臼歯修復

セレック治療 症例 術前 セレック治療 症例 術後

【 症例 3 】

セレック治療 症例 術前 セレック治療 症例 術後

【 症例 4 】

セレック治療 症例 術前 セレック治療 症例 術後 セレック治療 症例 術前 セレック治療 症例 術後

本ホームページに用いられている症例写真は全て当院で治療を受診された患者様の写真です。
説明用写真として、提示を快く承諾していただきまして心より感謝申し上げます。

▲ページの先頭へ戻る