医院ブログ

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

048-462-2500

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
15:00 ~ 19:00 /
キービジュアル

MENU

腸内細菌叢と歯周病

2024年2月4日

 

皆さん、こんにちは♪

 

2月に入り寒さも一段と厳しくなって参りました。

この時期はインフルエンザやコロナに加えノロウィルスや胃腸炎の流行時期となります。

 

今や口腔内細菌は色々な病気の引き金になる事が分かってきていますが、今日は「歯周病が体にどう悪さをするのか」また「腸内細菌叢と歯周病の関係性」について投稿したいと思います。

 

 

【歯周病が体にどう悪さをするのか】

 

歯周病は初期では自覚症状が出にくく、進行すると歯を支える骨が無くなり歯が抜けてしまう病気です。

従来の考え方として、

 

①歯周病菌そのものが悪さをする

 

②炎症によって生み出された物質が悪さをする

 

と考えられてきましたが最近、新しく注目されている考えとして

 

③歯周病菌が腸に入って悪さをする

 

…でも、腸に行く前に胃を通過する際に強酸性である「胃酸」で菌は死んでしまうのでは⁈

それに腸には腸壁と言う厚い壁があって、細菌を入れ込まない様にできているのでは?

 

どうやら、上手く腸までたどり着いてしまった歯周病菌が腸内細菌叢を乱して、全身に悪影響を与えると言う考えです。

 

これは食事の内容が糖質、脂質の多い食事の人とそうでない人て比べると糖質、脂質が多い食事の人の方が肥満になりやすく、腸内細菌叢が乱れ歯周病が進行しやすくなると言うマウスの実験ですが、腸内細菌叢と肥満が注目されるようになったわけです。

 

腸内環境は「その人が持つ腸内のパターン」で謂わば、腸内細菌叢🟰免疫の7割は「腸管免疫」と言われおり、小学生頃にはその人の腸内環境が決まるとされ、よっぽどの事がない限りは腸内細菌叢は変わらない。でも、それを歯周病菌により乱される事で全身に悪影響を及ぼすと言う事なんだそうです。

 

 

【歯周病が関係する全身の病気】

 

◉脳血管疾患(脳卒中、脳梗塞、アルツハイマー型認知症)

◉冠動脈心疾患

◉動脈硬化

◉糖尿病

◉膵臓がん

◉非アルコール性脂肪製肝疾患

◉慢性腎疾患

◉関節リウマチ

◉骨粗鬆症

◉炎症性腸疾患

◉結腸、直腸がん

◉早産、低体重児出産

 

どれも命を脅かす、なりたくない恐ろしい病気ですね…。

 

今は健康なお口🟰腸内細菌叢を維持する

と言う事が大切ですね。

歯科検診と合わせて脂肪や糖質の多い食生活を改め元気に冬を乗り越えましょう!

 

 

nico 2022.1  参照

始めよう!歯周病対策‼︎

2024年1月25日

皆さん、おはようございます。

 

1月も終盤になり寒さがグッと厳しくなって参りました。

先月に投稿したドライシンドロームでもお伝えしましたが、この時期は乾燥によって、口腔内も乾燥しておりバイ菌が溜まりやすい傾向にあります。

 

そこで今日は「歯周病対策」についてです。

 

【歯周病セルフチェック】

 

⚫︎起床時に口の中がネバネバする  1点

⚫︎口臭があると言われたことがある  1点

⚫︎食事の後、歯と歯の間に物が挟まりやすい 2点

⚫︎歯磨きのとき歯ぐきから出血する事がある  3点

⚫︎歯ぐきはれることがある  4点

⚫︎ぐらつく歯がある  5点

⚫︎あまり歯磨きをしない  1点

⚫︎タバコを吸う  1点

⚫︎歯科医院には歯が痛い時しか行かない 1点

⚫︎ストレスを感じる事が多い  1点

⚫︎骨密度が低いと言われた事がある  1点

 

【0点】

今は歯周病の心配はありません。

しかし歯周病は自覚症状がでるまでに時間がかかるので、定期的に歯科医院で検査やクリーニングを受けましょう

 

【1~4点】

歯周病になっているか、なりやすい要因わ持っています。

丁寧な歯磨きと定期的な歯科検診を受けましょう

 

【5~9点】

歯周病になっている可能性が高いです。

歯科を受診し、専門的な指導を受け歯磨きもしっかり丁寧に行いましょう。

 

【10点~】

歯周病がかなり進行している可能性があります。

必ず歯科を受診し、進行しないよう毎食後、丁寧に歯を磨いてください。

 

いかがでしたか?

今日の内容は歯科でもお馴染みのサンスターさんから引用させて頂きましたが、暫く歯科を受診していない方、歯間ブラシやデンタルフロスの正しい使い方が分からない、歯周病が心配な方。これを機に歯科に受診してみてください。

 

痛みや症状が出る前に受診する事で歯周病だけじゃなく全身健康維持にも関係しますよ。

オーラルフレイル

2024年1月21日

皆さん、おはようございます。 

 

1月になり、冷え込みが厳しくなりましたね。

毎年、この時期になると「餅を詰まらせた」と言うニュースを見ます。

 

年々歳を重ねると身体の機能も変化してきますが、今は100年時代と言われてます。

 

何事も予防、備えあれば憂いなし!

 

今日は「オーラルフレイル」についてです。

 

【オーラルフレイルとは?】

 

かたいものが噛めない、食べこぼし、飲食時のむせ、口が乾く等の些細なお口の機能の衰えのことを言います。

 

【あなたは大丈夫??

オーラルフレイルチェック】

 

◉半年前と比べて、かたいものが食べにくくなった

◉お茶や汁物でむせることがある

◉義歯(入れ歯)を使用している

⚫︎口の乾きが気になる

⚫︎半年前と比べて、外出の頻度が少なくなった

⚫︎さきいか、たくあん位の硬さの食べ物が噛みにくい

⚫︎1日のうち歯を磨くのは2回以下

⚫︎1年に1回以上は歯科医院を受診していない

 

※8項目中「はい」があった方。

(◉は2点として計算して下さい)

 

0〜2点 オーラルフレイルの危険性は低い

3点   オーラルフレイルの危険性あり

4点以上 オーラルフレイルの危険性高い

 

いかがでしたか?

 

オーラルフレイルはお口の機能から低栄養、体力、筋力の低下を招いて全身のフレイル(虚弱)に繋がり、要介護リスクを高めてしまいます。

 

ちゃんとした食事を摂るにはしっかりとした奥歯が必要不可欠です。

 

もしも奥歯がない方でも、安定して噛めるインプラントや義歯で補えば噛む力(咀嚼力)がアップし、生活の質(QOL)の向上に繋がります。

 

お口に不安がある方は是非、ご相談ください。

マウステーピング健康法

2024年1月11日

皆さん、あけましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

 

今日は新年最初の投稿となります『マウステーピング健康法』です。

 

もう少しするとスギ花粉症に悩まされる方も多くいらっしゃるかと思いますが、私もその1人。日本人の約4割の方が花粉症を含むアレルギー性鼻炎を持っていると言われています。

 

何とかしたい!と思っている方、朗報です。

 

寝ている時の口呼吸を鼻呼吸にする「マウステープ」を使うことで症状が軽くなると言われています。

 

鼻にはフィルターの役目があり、体に入る異物を取り除いてくれています。ですが、口呼吸をしていると喉の奥が乾燥して慢性炎症が起き、花粉症やアレルギー性鼻炎が出やすくなります。

 

マウスピースを夜間貼って寝るだけでひどい花粉症と肌荒れがあった方がどちらも症状が出なくなったとか。

 

 

【あなたは大丈夫??口呼吸チェック】

 

⚫︎花粉症がある

⚫︎起床時、喉が渇いてる

⚫︎いびきが多い

⚫︎口内炎ができやすい

⚫︎歯に歯石や着色がつきやすい

⚫︎口の中が粘つく

⚫︎夜、トイレに起きる

⚫︎風邪をひきやすい

⚫︎唇が乾いている、荒れている

 

◉1つでもチェックがついた人は、口呼吸をしている可能性があります◉

 

花粉が飛び始める前から行うことで、喉の炎症が起こりにくくなるだけじゃなく、鼻呼吸が上手くできるようになると睡眠の質も良くなります。歯科で言えば乾燥を防ぐことで歯石の付着や歯の着色を予防することもできます。

 

薬局等でマウステープが販売されてますが、よく包帯や湿布等を止めるテープ(サージカルテープ)でも代用できますので、花粉症の症状を少しでも軽くしたい方は是非やってみて下さいね☆

 

 

※nico 2023.1 参照

年末に向けて〜ドライシンドローム〜

2023年12月24日

 

皆さん、おはようございます♪

 

今日はクリスマスイブ。

電車の中で「サンタさん来るかなぁ〜」と親子で話している光景を見て何だかホッコリした朝でした^_^

 

今日は年末に向けてシリーズの最後『ドライシンドローム』です。

 

 

【ドライシンドロームとは?】

 

ドライシンドロームとはドライアイ(目、)ドライマウス(口)、ドライスキン(肌)、ドライバジャイナ(膣)など体の乾燥の事を言います。

 

 

【ドライシンドロームの症状】

 

⚫︎ドライアイ(目)⚫︎

 

・疲れやすい、目が重い

・目がかすむ

・ゴロゴロする

・充血しやすい

・目がかすむ

・目ヤニが出やすい

 

⚫︎ドライマウス(口)⚫︎

 

・乾きやすい

・口臭を感じる

・口が粘つく

・水を飲みたくなる

・口が乾燥して話しにくい

・喉が枯れる

 

⚫︎ドライスキン(肌)⚫︎

 

・肌荒れ、カサカサする

•皮が剥ける

•粉が吹く

•刺激に敏感になる

•化粧ノリが悪い

⚫︎ドライバジャイナ(膣)⚫︎

 

•膣が痛む、かゆい

•ヒリヒリする

•おりものに変化を感じる

•性交痛

•下着に触れた際の違和感

【もしかしたらドライシンドロームかも!と思ったら…】

 

乾燥=保湿、水分補給と思いがちですが、体の中で水分を保持する力がないと改善されません。

乾燥を放置すると風邪や感染症になりやすくなりQOLの低下や病気のきっかけとなってしまいます。

 

先ずは夜は照明を減明したり、寝る1時間前にはスマホやパソコンを終わりにする、保湿、水分摂取等、生活習慣の見直しを。また体に潤いを与える食材を積極的に摂りましょう。

 

βグルカンと言う食物繊維には粘液の素を作る働きを高め体のなきら潤いを与えてくれます。

椎茸や舞茸などのキノコ類、海藻、大麦などに多く含まれます。

更なる乾燥を招く前に早めにケアをしていきましょう。

 

いかがでしたか?

ドライシンドロームは空気の乾燥や加齢、スマホやパソコンによる目の酷使、睡眠不足、マスクによる口呼吸、更年期による女性ホルモンの影響で、特に女性に起こることが多いとされていますが、外分泌線の働きは自律神経によってコントロールされているため、ストレス社会では男性や若い人にもドライシンドロームは引き起こされます。

 

是非、年末年始のお休みで体も心もリフレッシュして下さいね♪

 

 

 

※クラシエ ニュースリリース参照

年末に向けて〜睡眠不足〜

2023年12月17日

皆さん、おはようございます。

 

昨日はポカポカ日和でしたね!

おかげで大掃除はかどりました🎵

12月となると、気持ち的に何となく忙しく感じてしまう私ですが、皆さんはいかがですか?

 

今日は『睡眠不足』についてです。

 

【自分の適正な睡眠時間ってどれくらい?】

 

まず睡眠時間については個人差があります。

最近はショートスリーパーと言って短い睡眠時間の方が多い様ですが、本当に身体的にショートスリーパーなのでしょうか??

 

自分の適切な睡眠時間を知るには…

 

平日、休日同じ睡眠時間にし、1週間毎に➕30分で寝てみる。

 

例えば今週は7時間、来週は7.5時間…といった様に寝て見て目覚まし無しで起きられる時間がご自身の適正な睡眠時間となるそうです。

 

【睡眠不足になると…】

 

睡眠不足になると身体が重い、頭がボーっとして集中できない等の自覚症状があるものもあれば、睡眠不足が蓄積される事で病気や肥満の原因となってしまうものもあります。

 

また睡眠不足が慢性化(長期化)すると、心臓発作、脳卒中、認知症、がんと言ったリスクが上がります。

 

 

1日の3分の1は睡眠時間です!

 

睡眠不足はお金と違い取り戻せません。

 

いかに睡眠が大切か…この時期だからこそ、年末年始のお休みを使って、ご自身の適正な睡眠時間を知る良い機会にしても良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

年末に向けて〜早食い〜

2023年12月10日

 

皆さん、おはようございます。

12月に入り急に寒さが増してきました。

年内あと少し…体調崩さない様にしていきましょうね!

 

今日から、年内に向けてシリーズ‼︎笑

 

第一弾の今日は『早食い』をテーマにしていきたいと思います。

今年は忘年会やパーティーといった予定がある方も多くいらっしゃるかと思います。

 

年末年始は一年の中でも飲食の量も回数も多くなるため、年明けに胃の不調や口内炎といった訴えをする方がいらっしゃいます。

 

普段から『早食い』な方、注意です!

 

【早食いをすると…体はどうなる】

 

⚫︎食べすぎてしまう

⚫︎胃腸に負担がかかる

⚫︎唾液量が減る

⚫︎肥満のリスクが上がる

⚫︎血糖値の上昇   等々

 

【早食いを防ぐにはどうする?】

 

⚪︎奥歯をしっかり使って、一口30回噛む

⚪︎一口ごとに箸を置く

⚪︎野菜から食べる

⚪︎硬いものから食べる

⚪︎ながら食べをしないで、食事を楽しむ

⚪︎最低でも15分〜20分程かけて食事をする

 

 

忙しいとついつい早食いになってしまう傾向がありますが、日頃から意識して食事の摂り方を見直していきましょう♪

 

 

 

歯周病と全身への関係

2023年12月1日

歯周病と全身への関係

 

皆さん、おはようございます。

 

今日から12月。今秋が短かったせいか、あっという間に12月になってしまった感じがします。

 

最近メディアでも「お口の健康は全身の健康」といった内容を多く取り上げられる様になり、患者様の意識も高くなってきていると感じています。

特に歯周病については先日もブログでもお伝えした様に、初期では痛み等の症状がない為、気づかないうちに進行している場合が多くみられます。
でも歯周病が全身の健康にどう悪影響があるか。そこまで知っている方はまだ少ないので、今日は『歯周病と全身の健康との関係』をお伝えしたいと思います。

歯肉に慢性の炎症が起こると、さまざまな炎症性物質(サイトカイン)がたくさん作られ歯肉に停滞します。
サイトカインは歯周組織に悪い影響を与えるだけでなく血糖値を下げるインスリンの働きを悪くしたり、血管の動脈硬化を引き起こしたりします。サイトカインが増殖すると歯ぐきの血管から血液内に入り、血流を介して全身の臓器に達し、さまざまな全身疾患に影響されると言われています。

 

【歯周病が全身に及ぼす影響】

 

⚫︎脳梗塞
⚫︎誤嚥性肺炎
⚫︎心筋梗塞
⚫︎心内膜炎
⚫︎動脈硬化
⚫︎糖尿病
⚫︎低体重児出産
⚫︎早産

 

 

コロナになってから制限の数年でしたが、今年は5類に制定されてから初めての年末ですね。忘年会やクリスマスパーティー等楽しいイベントを控えている方も多いかと思います。
元気に、そして健康に過ごせる様にお口のケアも忘れずにお過ごし下さいね♪

表彰されました!~令和5年度埼玉県歯科保健表彰式~

2023年11月10日

 

当院院長の篠原が、

埼玉県にて長く歯科口腔保健の向上に貢献。

 

 

 

 

 

その功績に対し、

埼玉県知事の大野様より表彰状をいただきました。

 

 

 

 

歯周病になりやすい人ってどんな人??

2023年11月9日

皆さん、おはようございます。

 

昨日118日は「いい歯の日」と言う事で、歯科についての特集が組まれてる番組が多くありましたね。

 

特に歯周病については自覚症状がないまま進行しやすい傾向があり、今や歯周病と全身疾患との繋がりが分かってきているため、特集が多かった様に思います。

 

と言うことで!

今日は歯周病なりやすい人ってどんな人⁇です。

 

 

【歯周病って何?】

 

歯周病とは歯を支えている骨(歯槽骨)を破壊してしまう病気です。

 

一度破壊されてしまった骨は自然に戻る事はなく、良くて現状維持、悪くて悪化してしまう、また痛みや腫れといった自覚症状は、進行しないと気づかない傾向にある恐ろしい病気なのです。

 

歯周病は細菌感染症ですが、歯周病の進行に影響を与える要因はいくつかあります。

 

 

【歯周病になりやすい原因は?】

 

 

喫煙者

 

喫煙の習慣がある人は非喫煙者に比べて28倍歯周病になりやすいと言われています。

これはタバコの成分が全身の血流を悪くする事で免疫力を下げてしまう事が原因とされていますが、喫煙本数が多いほど歯周病が重症化しやすい傾向にあります。

 

糖尿病

 

糖尿病の人は特に歯周病になりやすく悪化しやすいです。

これは創傷治癒(傷口の治りが悪い)が遅いや、免疫系の機能障害で進行しやすいとされています。

 

ストレス

 

神経の緊張状態が免疫系に影響を及ぼすとされています。

 

肥満

 

内臓脂肪から生み出される炎症性の物質によって進行する。

 

常用薬

 

⚫︎免疫抑制剤や副腎皮質ステロイド等の免疫系に関連する薬

 

⚫︎てんかん薬(ヒダントイン系)、降圧薬(Ca拮抗薬)など歯肉増殖に関連する薬

 

 

その他として、身体の回復に欠かせない、栄養不足、休養として睡眠の質、睡眠時間が少ない方等も歯周病に関係してきます。

 

コロナウィルスの影響で定期的なメンテナンスをお休みしている間に少しずつ進行してしまっていたという方も少なくありません。痛くなってから受診ではなく、症状がなくても定期的に歯科へ受診して歯周病にならない様に、なってしまった方は進行を食い止めて健康であり続けましょう!

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

048-462-2500

医院住所

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

TIME 診療時間

電話での問い合せ

048-462-2500

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
15:00 ~ 19:00 /

ACCESS アクセス情報

医院住所

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

東武東上線「朝霞駅」南口徒歩 1分

このページの先頭に戻る