続 😃ぽかん口 ~口呼吸のデメリットとは~😃

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

048-462-2500

診療時間 月 火 水 木 金 土 日 祝
10:00 ~ 13:30 ● ● ● ● ● ● ● ●
15:00 ~ 19:30 ● ● ● ● ● ▲ ▲ ▲
キービジュアル

MENU

続 😃ぽかん口 ~口呼吸のデメリットとは~😃

2021年06月25日

 

皆さん、こんにちは♪

 

 

以前、医院ブログにて、

“ぽかん口”について掲載しましたが、

 

お子様がいらっしゃる方から…

 

 

「ポカン口を改善する方法😃」

 

「口呼吸を改善するとどんなメリットがあるのか!」

 

また、

「大人でも何か対策はあるのか?」

 

 

とご質問をいただきました!!

 

…ありがたいご質問です✨✨✨

 

ありがとうございます!

 

 

今回、改めて”ぽかん口”の続きとして、

私が分かる範囲ですが、お伝えできればと思います♪

 

 

<ぽかん口の改善方法>

 

1. 先ず、鼻で呼吸ができるのかどうかを確認します!

口を閉じて鼻を片方ずつ押さえて呼吸できるかどうか。

幼児以上の方は、ティッシュを使って鼻呼吸した時に、

ティッシュがなびくかどうかでも確認できます。

 

 

 

 

2. 普段の生活の中で、

口腔周囲筋を意識しながら生活をすること!

 

 

温かいものを食べる時に行う「ふ〜ふ〜」と吹く動作は、

口唇、頬、舌などの発語器官が強調して働くため、発語の基礎になります。

 

「ずるずる」と啜ったり、

「すぅ〜」吸う動作は、発語や食事をする土台となり、

 

「ペロペロ」と舐める動作は、舌の機能を育て、

 

「ブクブクうがい」は、口唇閉鎖力が、

 

「ガラガラうがい」は、軟口蓋の働きがよくなります。

 

「ペッと水を吐き出す」動作は、口唇のコントロールができるようになります。

 

 

 

3. 「あいうべ体操」という、

口を閉じて鼻呼吸を促すためのトレーニングがあります!

 

このトレーニングは、口腔周囲筋を鍛えます。

 

あいうべ体操同様に、「パンダのたからもの」と言うものもあります。

 

大人の方は、この2点を行う良いでしょう!

 

 

 

<口呼吸をすることで改善が考えられる疾患>

・アレルギー疾患(アトピー、喘息、花粉症、鼻炎)
・膠原病(関節リウマチ、エリテマトーデス、筋炎、シェーグレン症候群)
・うつ病、うつ状態(うつ病、パニック障害、全身倦怠感)
・腸疾患(胃炎、大腸炎、便秘)
・歯科口腔(歯周病、ドライマウス、顎関節症、う蝕(虫歯)、歯列不正)
・その他(いびき、尋常性乾癬、高血圧、腎臓病、風邪など)

 

OTOMINnoYOKUBARI Lesson!参照

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

048-462-2500

医院住所

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

TIME 診療時間

電話での問い合せ

048-462-2500

診療時間 月 火 水 木 金 土 日 祝
10:00 ~ 13:30 ● ● ● ● ● ● ● ●
15:00 ~ 19:30 ● ● ● ● ● ▲ ▲ ▲

ACCESS アクセス情報

医院住所

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

東武東上線「朝霞駅」南口徒歩 1分

このページの先頭に戻る