お口ポカン

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

048-462-2500

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
15:00 ~ 19:00 /
キービジュアル

MENU

お口ポカン

2023年09月24日

お口ポカン(口唇閉鎖不全症)

 

皆さんおはようございます♪

 

少しずつ秋を感じる季節となってきましたね。

 

先日、メンテナンスでいらっしゃった患者さんのお子様が、テレビを見たり遊んでいる時、気づいたらお口が開いている事が多く、口臭もすると訴えがありました。

これは日本人の子供の3割の子が抱える、お口ポカンの可能性があると話をしました。

お口ポカンだった場合、どうしてなるのか、どんなデメリットがあるのか。。。

 

今日はお口ポカンについてお話ししたいと思います。

お口ポカンになってしまうのは、なぜ?

 

1 鼻咽頭疾患

慢性鼻炎やアレルギーにより鼻で呼吸できないために起こる。

鼻呼吸できる様に耳鼻咽喉科へ受診する。

 

2 不正咬合

前歯が前突(出っ歯)になっていると、口唇が閉じづらく口が開いてしまう。

習慣的にお口ポカンになっているので、この場合は矯正治療も視野に入れながら、歯科でMFT(口腔筋機能療法)を行う。

 

3 口腔周囲筋が弱い

いつも口腔が開いていると口輪筋の力が弱く、お口ぽかんに。。。

先ずは気づいたらお口を閉じ様に促す、意識する。

歯科へ受診し、MFTを行う。

 

お口ポカンだと、何でいけないのか?

 

⚫︎口呼吸になりウィルス感染しやすくなる。

⚫︎歯並び、姿勢が悪くなる。

⚫︎しっかり噛めない、滑舌が悪い。

⚫︎口が渇くことにより、口臭や虫歯になりやすくなる。

 

【幼児期の子必見!お家でできる お口ポカン対策】

 

足をつけて食事をする

足をブラブラしない様にする事で、しっかり噛める。

 

吹く遊びを取り入れる

吹き戻し、シャボン玉、風船など、吹く事で口輪筋が鍛えられる。

 

日常の生活の中で、また遊びでお口ポカンを防ぐことができますので、大人がお子様の様子を見て、お口が開いていたら是非、取り入れてみて下さいね!

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話での問い合わせ

048-462-2500

医院住所

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

TIME 診療時間

電話での問い合せ

048-462-2500

診療時間
10:00 ~ 13:00 /
15:00 ~ 19:00 /

ACCESS アクセス情報

医院住所

〒351-0011
埼玉県朝霞市本町2-5-23 フタバビル4階

東武東上線「朝霞駅」南口徒歩 1分

このページの先頭に戻る